カテゴリー
現代詩

祝日

草間小鳥子

詩人

求めるものが

知識では補えないことを知り

噴水を見ている

繋がれた犬も噴水を見ていた

(素晴らしい動物だ

目の前にないものを怖れない)

犬は花梨の幹に繋がれている

花梨の枝には賢い目をした百舌がいて

百舌を横目に若い猫が風を嗅ぐ

わたしたちは

生産性ではかれない生き物

他者との価値の交換で生きる

矛盾した有機物

足早に行き過ぎるひとの靴音に責められ

それでも

向かい風をただ逃がす

考えない肢体を肯定したいと思う

犬と木と鳥と猫とならんで

見えない部分へ耳をすます

やまない水音

かけがえのない暇

たったいま

遠くでとどろいた

透明な銃声 晴れた日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。