カテゴリー
現代詩

ウェイバックマシン

江永泉/ケンジ・シラトリ

ウェイバックマシンとはインターネット上のワールド・ワイド・ウェブやその他情報を扱うデジタルアーカイブである。アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコにある非営利団体のインターネットアーカイブが2001年にサービスを開始した。 ウィキペディア

書く猿に伴う打鍵音は人人きざむ誰もいるでなく出た賽

目か疑似乱数ににたしるされのうつしがふえる産声です[2]

かく猿に伴う打鍵音はひとびと刻む誰もいるでなく出た

賽目か疑似乱数に似た記されのうつしが殖える産声です[1]

かくさるにともなうだ鍵音は人刻む誰もいるで無くでた

賽目かぎじ乱数ににたしるされの写しが増える産声です[4]

かくさ格差伴う猿去るだだ鍵音ひびとひと刻む誰も無く

賽目鍵疑似らんすうににたしるしるしるのうつ産声です[7]

かくかく格差格差猿打鍵音刻む人人刻む猿誰もでなく猿

さいのめ擬餌乱数ににた足し知る記され写し殖える産声[4]

サイは彼女の体を寄生するがキーは絶望の方法ではなく剣がそれを吸う

と気づかないように聞こえる声や熱を発する状態を持っていない都市の

パロディキラーモジュールをキー砂漠に置く体に似ていない身体は眼球

の少女猿血寛大なアーカイブはフェチの音に似ている画像のレプリカ息

をのむようなナルコレプシーシステム彼らの有名な太陽太陽の目覚めち

ょうど人の特性ワールドダウン呪い小隊の目抵抗ハイパー胚誰もいない

記憶テロリスト解放心のない男殺人誰にでも寄生虫胚のスキャンスキャ

ンフェティッシュドッグスクイーズスキングラム脳異常クローニングピ

ル擬似テンソルオルガン装備人死体擬似誰も空気スクリーンダッシュと

ラインミリグラム人工悪夢アシッドサンクローン加速閉じ込められた猿

サイサイ染色体領土の鍵ハサミが呼吸した薬物彼女のモード音アシッド

スピードグッズミュータントウルトラアイブレーキングダウンロード

ディストピアコンバージェンスメタそのデータカフェ年齢のスクリプト

を噴出するその内部数字コードチョコレートの破裂した卵巣培地の浸透

蓄積された仮想の悪魔脳の声人のおもちゃ地平線誰もがシャッフルする

月光の化学物質都市あなたが悪党を残して騒ぎ出すゴミ箱を隠しますク

ローン壊れた致命的です私の無力な薬はテクノ線透視法クライシス感情

的な音繰り返し使用します覚醒カメレオンギャップ感情の機能的な人機

能的な空間は殺人者のマニアに切り刻まれています死体番号死体番号付

きの愛好家である内なる他の人死体と人のプロダクションビート誰も

加速する死体のない道のキーストローク共存するシステム犬の人利用可

能な場所デジタルガスを転送する場所フェチの犠牲人工人人工時間の私

の誰も誰も目がグラムではない誰もキー欲望のキーの性質のリセットソ

ウルボーイ印象のあるシステムテクノレイブ誰の魂の肛門セラーの1つは

レプリカの昆虫エクスタシー裸の数とエクスタシーの世界が不足してい

るときゾンビはサイの友達ダウンいいえハードウェアの人工的誰もモノ

クロの人間のタッピングサークルが最近書いたキーに腫れた人の脳とボ

ンデージ犬を設置しただけが剣への薬物欲求でありその照明は寿司の可

能性を伴うことを分割するウェイクアイコンは猿化学に猿ハイパーリア

ルソウルクロロホルムコールドサン中に胚はコピーされていますゼロ

コードデアクセス人少年誰も大きさのない幼虫空の友達生徒は病気人工的

に脳脳は超肉血液脳は欲望染色体を受け取った数[ ]

かかか核猿にと友だ鍵おん人びびび罅びときざきざきざ

でた犀の眼じぎら数に似た似た煮たししるうつ笛産声す[8]

かかさるとももう音はひととひとだけ誰誰だれなく垂れ

さい芽ららんすに煮た汁汁されの感染しがふえ産声です[3]

かかくかくくさるととけおんびきむもるくでいるめか犀

の眼擬餌んすにににしるされのうつしがふるえる産声で[6]

赫赫猿と友なう打鍵音人刻む猿と友いるで鳴く人誰も泣

く際の眼乱数に似た標しるされ移し撃つ震える声です死[4]

価格格差伴うだけ音は人と友刻む猿誰でなくいる犀誰も

犀も眼が犀乱数に似た煮た芽が汁うつ笛ふえる声で寿司[7]

[ ]

[1] 猿に関連付けられたタッピング音は単一でなく社交的または擬似ランダムのような書かれた剣が現れる生まれた声です

[2] 書かれている猿に関連するゾンビ音は犠牲者の声または擬似乱数です

[3] たとえそれが短くてもそれはただひと一人誰も誰も誰も誰も誰もない

[4] 隠されている鍵となる音はだれにも利用できない乱数コピー数増やす声です

[4] ストローク友人人人人友人友人人人人死んだ都市月光

[4] したがってサル音刻む猿格差ギャップサルだけでなく猿シミュレートする餌でもあります

[ ]

[6] シャッフルするとキノコがサイの目に押し込まれます

[7] 別のキーキー音割れ目刻まれたキー残す猿

[7] 価格差に関連する唯一の音は友人と一緒に模られた猿の音です

[8] 鍵は骨格猿の友人であり昆虫鍵はサイの数に似た血液型の剣です

[ ]

カテゴリー
現代詩

祝日

草間小鳥子

詩人

求めるものが

知識では補えないことを知り

噴水を見ている

繋がれた犬も噴水を見ていた

(素晴らしい動物だ

目の前にないものを怖れない)

犬は花梨の幹に繋がれている

花梨の枝には賢い目をした百舌がいて

百舌を横目に若い猫が風を嗅ぐ

わたしたちは

生産性ではかれない生き物

他者との価値の交換で生きる

矛盾した有機物

足早に行き過ぎるひとの靴音に責められ

それでも

向かい風をただ逃がす

考えない肢体を肯定したいと思う

犬と木と鳥と猫とならんで

見えない部分へ耳をすます

やまない水音

かけがえのない暇

たったいま

遠くでとどろいた

透明な銃声 晴れた日

カテゴリー
現代詩

シンシア

草間小鳥子

詩人

シンシア

誰のものでもない小部屋

大きな窓ひとつ

白木の椅子ひとつ

カーテンが揺れると

甘い風のにおいがした

子どもたちが

入れかわり立ちかわりやってきては

ひとつだけ

そっと窓辺へ置いてゆく

それは本 それは枯れ枝

やわらかい靴 貝殻 欠けた食器

菓子箱に入った死んだ鼠

どれもしずかにつめたく

日ざしを浴びてほがらかだった

たったひとつの感情をたたえて

なんと呼ぶのかわたしは知らない

それほどに幼かった

シンシア

居心地のよい部屋

わたしには置いてゆくものがない

決まった呼び名さえ

朝にはまあたらしい服へ袖を通し

夕暮れになれば脱ぎ捨てた

ある朝

子どもがひとり背を向けて

椅子に腰かけている

昨日までわたしのものだった

あたらしい服を着て

(シンシア)

押し付けられた呼び名を窓辺へ置き

はだしで部屋を出た

不意打ちのように失った

なにも持っていなかったはずなのに

ひろい窓が

朝の光へ埋没してゆく

それはたんなる明るさで

手をふるようにカーテンが揺れた

シンシア

時は流れた

たったひとりだ

手に入れるときも

手放すときも

カテゴリー
現代詩

湖の島

草間小鳥子

詩人

踏み出せば、前ぶれもなく湖
澄んだ湖水にくるぶしまで浸る
昨日までは町だった
わたしは町を愛せなかったし
町もわたしを愛さなかったが
かつての空を銀の魚がすべってゆく
干しっぱなしのシャツが暗い水にたゆたい
水は容赦なかったのだとわかった

山の火だからと見て見ぬふりをした
夜のうちに火は
木々を焼きつくし
町を舐め
ついに石まで焼いたのだった
誰かが湖を呼び
ほんとうに水はやって来たのだろう
岸辺のところどころから細く煙がたちのぼる
奪えるものは奪い
火は地中へ潜ったようだ
くすぶる木々から
手のひらを焦がし
森のひとびとが降りてくる
めいめい湖岸であたらしい服を受けとり
風力ヨットへ乗り込むところだ
波紋とともに
よるべなく着岸をくり返す町のおもかげ
問いかけはなく
よいことも
わるいことも
ある日
不意に終わる
わたしは町を愛したかった
つらいことばかりだった小さな部屋と
日当りのよい広場 日曜日の噴水
星のかわりに瞬いていた
知らない窓、窓——

測量はしずかにはじまっていた
裾を濡らしてやって来た光のひとは
わたしのうなじへ物差しをあて
——これからあなたは島です
囁いた時には
もう島になっていた
——小さいけれど美しい島です
水平線の彼方ににじむ
いくつもの帆影
じき船が着く
深く息を吐き
両の手をひろげた
もう一度すべてを
あたらしく迎えるために

カテゴリー
現代詩

隣人家の崩壊

長谷川航

詩人

隣人の遺跡
ぼくたちの遺跡
ぼくたちはそこに収容された
国道4号線沿いの白い家
排気ガス
壁は
灰色の汚染

玄関先には化け物のような紫陽花
入口を塞ぎ
舗装を剥いで根を張った

排水溝のヘドロ
汲み取り式の便所
床下の腐敗

風呂とトイレの電気は黙って
闇を祝福した

天井裏には獣
弱い人間を嗅ぎつけて

ぼくたちを蝕む
狂気の結界

3.11のあと
隣人は去った
結界のない遺跡

ぼくは相続した
このおぞましい遺跡を

シンゾクは法外!!
キョウセイダイシッコウ!
フホウシンニュウ!

遺跡は
イメージの起源

友がシールドに
法を武器に戦った
手もとに残ったのは
カネと戦いのアルシーヴ

カテゴリー
現代詩

喪の終止符

長谷川航

詩人

あのひとはたしかにいた
あのひとはこの世界に殺された
あのひとは地上の天使
ただ存在だけがあった
存在には愛があり
身体があり
顔があり
名前があり
匂いが
……

なぜ詠まれることでしか
存在は救済されないのか
なぜ詠まれることで
救済が殺しになってしまうのか

屍に囲まれて
いまだ詠む

この身体に刻まれるアルシーヴを
爆破しろ!!

嗚呼、
こちらへ

私の代わりに
詠ってほしい
この詩を

そして
私を葬ってください

カテゴリー
現代詩

パロールの掟

長谷川航

詩人

あなたはプリンスで
隣人と二人

あなたと隣人は一つ
井戸の底

見上げた あなたの目は
青になった
隣人は俯いたまま

あなたの目は青に囚われて
井戸の外

掟を破ったのはあなたじゃない
隣人は色彩を奪われた

掟を守り
あなたは詠う

掟破りの隣人は
井戸の中
声の反響だけが
井戸の外