カテゴリー
現代詩

喪の終止符

長谷川航

詩人

あのひとはたしかにいた
あのひとはこの世界に殺された
あのひとは地上の天使
ただ存在だけがあった
存在には愛があり
身体があり
顔があり
名前があり
匂いが
……

なぜ詠まれることでしか
存在は救済されないのか
なぜ詠まれることで
救済が殺しになってしまうのか

屍に囲まれて
いまだ詠む

この身体に刻まれるアルシーヴを
爆破しろ!!

嗚呼、
こちらへ

私の代わりに
詠ってほしい
この詩を

そして
私を葬ってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。