カテゴリー
現代詩

隣人家の崩壊

長谷川航

詩人

隣人の遺跡
ぼくたちの遺跡
ぼくたちはそこに収容された
国道4号線沿いの白い家
排気ガス
壁は
灰色の汚染

玄関先には化け物のような紫陽花
入口を塞ぎ
舗装を剥いで根を張った

排水溝のヘドロ
汲み取り式の便所
床下の腐敗

風呂とトイレの電気は黙って
闇を祝福した

天井裏には獣
弱い人間を嗅ぎつけて

ぼくたちを蝕む
狂気の結界

3.11のあと
隣人は去った
結界のない遺跡

ぼくは相続した
このおぞましい遺跡を

シンゾクは法外!!
キョウセイダイシッコウ!
フホウシンニュウ!

遺跡は
イメージの起源

友がシールドに
法を武器に戦った
手もとに残ったのは
カネと戦いのアルシーヴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。